戦中戦後に天然ガス湧出の記録 日本最大の湖、琵琶湖は天然資源の宝庫だった (1/4ページ)

「琵琶湖天然瓦斯縁起」には、大人の身長を超えるボンベにガスを詰めている様子が描かれている
「琵琶湖天然瓦斯縁起」には、大人の身長を超えるボンベにガスを詰めている様子が描かれている【拡大】

  • 「この川からガスボンベを積んだ船が出ていった」と、琵琶湖での天然ガス採掘の様子を懐かしむ久保進さん=滋賀県草津市北山田町
  • 「琵琶湖天然瓦斯絵巻」に描かれた「工場から見た比叡の眺め」を説明する木津勝学芸員(左)と久保進さん=滋賀県草津市北山田町

 日本最大の湖、滋賀県の琵琶湖で戦中から戦後しばらくまで天然ガスが湧出し、鉄道や民家の燃料などに活用されていた。大津市歴史博物館や地元の人によると、一部の湖岸部を掘ると「ボコボコと湧き出てきた」といい、天然ガスの採掘は日常風景だったとも。その後は採掘されなくなったが、そもそもなぜ琵琶湖から貴重な燃料の天然ガスが出たのか。近畿の水がめの知られざる歴史を探った。(杉森尚貴)

 きっかけは絵巻物

 「えっ、天然ガス?」。昨年末、インターネット上に出展されている古書類を検索していた大津市歴史博物館の学芸員、木津勝さん(48)は、東京の古書店の「琵琶湖天然瓦斯(がす)縁起」という目録に目をとめた。

 昭和18年に創業し、戦後しばらくまで琵琶湖岸で天然ガスを採掘していた「琵琶湖天然瓦斯会社」が、絵巻物風にまとめた社史だった。「琵琶湖で天然ガスなんて、ほとんどの人が知らない」。早速取り寄せてみた。

 絵巻物は21年の制作で、「何千年、何萬(まん)年ともさだかに判(わか)らぬ大古。矢張(やは)り此(こ)の所には大きい水溜(た)まりがあって…」と古代琵琶湖の説明から始まり、事業概要が巻物にイラスト付きで記されていた。

 現在の滋賀県草津市にあたる山田村に工場を置いて天然ガスを採掘し、ボンベに詰めて対岸の大津市まで運んだことなどを記載。和船にボンベを積んで運ぶ様子も絵に描かれていた。天然ガスは大津市に運ばれた後、当時、同市を起点に琵琶湖西岸を走っていた江若(こうじゃく)鉄道の燃料にあてられたとも記されていた。

 木津さんも聞いたことのない話だった。「(絵巻物は)先人からの贈り物。知られざる歴史の一面にスポットを当てたい」。記載された事実を確かめようと、裏付け調査を始めた。

現場行ってみるか?