自然体に近づくアンドロイド 散歩ができる子供型、会話上手な女性型 (1/2ページ)

相手に合わせて、より自然な会話を交わせるアンドロイド「ERICA」
相手に合わせて、より自然な会話を交わせるアンドロイド「ERICA」【拡大】

  • 子供型アンドロイド「ibuki」(手前)。奥は大阪大院基礎工学研究科の石黒浩教授=東京都江東区青海の日本科学未来館

 人間そっくりのロボット「アンドロイド」の開発に取り組む大阪大の石黒浩教授らの研究チームがこのほど東京都内で新作を公開した。車輪で自由に移動できる子供型の「ibuki(イブキ)」や、会話ができる女性型の「ERICA(エリカ)」の改良版だ。人間とより深い関係性を築ける対話ロボットの開発につなげる狙いがあり、道案内や店舗での商品説明、就職面接などへの応用を目指す。

 笑顔やジェスチャー

 イブキは人間とともに移動し、さまざまな場所で経験を共有できる。10歳程度の子供の想定で、身長は120センチ、バッテリーを含む体重は約37キロ。子供型にすることで、人に衝突してけがをさせる危険性を減らし、心理的な威圧感も抑えた。

 人間が歩くときに重心が8の字を描く様子を再現し、車輪でありながらまるで歩いているような躍動感を実現。笑顔を見せたり、手でジェスチャーをしたりすることで、より自然な感情表現を対話に加えることもできるという。

 一方、改良版のエリカは人間が話す内容に応じて多様な相づちを打ったり、重要なキーワードを認識して聞き返すなど、自然な対話感を高めた。

 エリカが就職の面接を行うデモンストレーションも披露され、志望動機や学生時代に頑張ったことなどを学生役の男性に質問。男性が、部活動で用具の管理や部員のスケジュールをマネジメントしたエピソードを話すと、「その経験を通して得られたものは何ですか」「スケジュールの管理についてもう少し詳しく話してください」などと、深く掘り下げる質問をし、まるで本物の面接のようなやり取りを交わした。

相手の心理状態把握