「体質 表れてる」レオパレス中間報告 入居者「すぐの退去迫られた」の声も (1/3ページ)

会見するレオパレス21の蘆田茂執行役員(右)ら=18日午後、東京都中野区(納冨康撮影)
会見するレオパレス21の蘆田茂執行役員(右)ら=18日午後、東京都中野区(納冨康撮影)【拡大】

 「補償はどうなるのか」-。18日に公表されたレオパレス21の施工不良問題に関する第三者調査委員会の中間報告。一連の問題では耐火性を高める改修工事のため、7千人超の住民に早期転居を求める事態となっている。問題拡大に同社の対応も追いつかず、入居者やオーナーからは、怒りや不安の声が上がっている。

 憤りあらわ

 「引っ越しを求められても、普段は仕事があり、時間的余裕がない。実際の補償がどうなるのか不安が尽きない」。東京都内の物件に住む30代の男性会社員は憤りをあらわにする。

 先月、同社が新たな施工不良問題を公表してまもなく、男性には経緯を説明する書類が届き、担当者から電話連絡を受けた。その際、改修のため早急な転居が必要だと説明されたが、その後連絡はないという。

 新たに発覚した施工不良では、天井の耐火性に問題がある641棟の7千人超に転居を要請。引っ越しなどに必要となる諸費用を補償するとしていた。同社によると、問題を発表した2月7日以降、今後の対応を説明するポスティングを順次行い、電話で個別に連絡して、転居か一時的な退去を求めたという。

続きを読む