43歳のオッサンは26歳の君を批判しない この世がクソゲーでも向き合うのが中年だ

 
画像はイメージです(Getty Images)

【常見陽平のビバ!中年】

 「ちょ、待てよ」

 元SMAP構成員の木村拓哉を象徴する台詞である。若い頃はジャニーズ事務所への入所を考えた私としては、キムタクを勝手にライバル視している。

 ただ、40代になり、SMAPも解散した今、木村拓哉はいつまでクールなキムタク像を守り続けなくてはならないのかと考えることがある。

 同じことが、B’zの二人に対しても言える。二人とも50代で中年もいいところだが、我々が10代の時に出会ったB’z像を今も守り続けているように思う。

 もっとも、キムタクやB’zから学ぶべきこともある。常に一線に立ち続けること、ぶれないことだ。「ZERO」になることを選ばず、前に進んでいるのだ。

 数年前、40代に突入したときには、全然「不惑」という感じがしなかった。「ゆるぎないものひとつ」でもあればよかったが、そうはならなかった。ただ、年を重ねるうちに、だんだん「不惑」になってきたような気がする。

◆43歳の私はこの若者を批判する気にもなれない

 そんな中、シシド・カフカ似の超絶美人編集者K嬢から、「現代ビジネスでバズっていた、この記事について、中年なりのコメントをください」というお題を頂いた。「愛のバクダン」とも言える、なかなかの重い宿題だった。この記事だ。

▼日本が中国に完敗した今、26歳の私が全てのオッサンに言いたいこと(藤田祥平氏)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545

 いかにも「意識高い系若者」VS「若き老害系中年」という対立構図でアクセスを稼ごうという編集者の意地汚い意図を感じてしまった。彼女もまた26歳だ。なんだろうこの「Bad Communication」は。ただ、「裸足の女神」からの依頼ということで応えることにしよう。「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」のだ。

 あいにくだが、私はこの若者を批判する気になれない。彼なりの素の感想なのだろう。さらに言うならば、中年として、若者が夢を持てるような社会を創ることができなかったことに反省したりもする。いや、中年はよく就職氷河期世代だとか、ロスジェネと括られ、自分があたかも被害者のように振る舞ってしまうのだが……。もうすでに社会に出て20年も経っているのも事実だ。

◆現実に向き合い続けるのが中年だ

 もっとも、中年に期待されるのは、この国を憂うことでも、そこから逃げ出すことでもなく、当事者として向き合うことなのである。家庭もあれば、住宅ローンもある。親の介護もある。そういう現実的な問題もあるのだが、とはいえ、向き合い続ける。この覚悟と、しなやかさこそ中年の本質である。

 「ちょ、待てよ」と言っている場合ではない。いや、言ってもいい。そう思いつつも、現実には向き合い続けるのだ。この世が無理ゲー、クソゲーでも、立ち向かうのが中年だ。

 若者が中国に行って衝撃を受けるのもよく分かるが、我々は様々な国や企業の栄枯盛衰も知っている。「これからは○○に変化する」と言われて、変わらなかった体験も随分してきた。別に国と一緒に滅びるのではなく、向き合う。「BE THERE」の精神なのだ。「さよならなんかは言わせない」のだ。

 何か新しいことを若者が言い出すたびに、虚しさ、悲しさも感じる。というのも、人口が我々よりも少ない彼らが何かを言ったところで、会社も社会も変わらないからだ。もちろん、若者の希少価値が増しているがゆえに、彼らを大切にしようという動きもあるのだが。

 というわけで、わたしたちは常に「BLOWIN'」なのだが、常に「ねがい」を捨てずに前に進むのだ。

◆上を向かなくてもいいから、前を向いて歩くのだ

 先日、大学のクラス会に参加した。私が通っていた大学では、当時、一般教養課程で英語と第二外国語が必修だった。その語学クラスの集まりが未だに続いている。大学1年生からだから、もう24年の付き合いだ。そういえば、今年で卒業して20年になる。

 当時は、1浪はもちろん、2浪も珍しくはなかった。参加した5名の中年男子の最長老は45歳だった。転職を未経験者は1名。未婚者は1名。親の介護、子供の教育なども考えなくてはならない年齢になってきた。実家をどうするかということも考えなくてはならない。

 会社でも管理職になっている。一人は関連会社の役員を兼任している。海外赴任を経験した者もいた。「僕達が社会人になったばかりの頃の課長って、もっと楽勝だったよね」と課長職をしている者が言った。そうだと思う。そういえば、当時は不倫していた上司も何人かいたな。でも、我々は「太陽のKomachi Angel」と遊ぶわけにはいかないのだ。

 社会も会社も、さらには個人としても先行きは不透明だが、そして社畜であることを自虐的に語りつつも、ポジティブな空気が漂う、ナイスな会合だった。飲み代として大1枚くらい払ったこと、駅までタクシー移動したことなどからも、大人になったことを実感した。

 社会人を20年やっている。思えば、社会に出てからも、日本経済の浮き沈みを目の前で見てきた。なんせ、20年前には山一證券と北海道拓殖銀行が破綻した。飲みの席でもこの件は話題となった。勤務先も浮き沈みがあった。当時の私たちは「さまよえる蒼い弾丸」だった。

 SMAPの「夜空ノムコウ」の歌詞にサラリーマンの世知辛さを感じたのも約20年前だ。20年前と言えば。安室奈美恵が妊娠・結婚を発表ということもあった。なんかこう、時系列の変化、価値観の違いを感じた。そのSMAPも解散し、安室も引退を表明した。

 世の中はクソゲーだ。無理ゲーだ。それでも、わたしたちには仲間がいる。上を向かなくてもいいから、前を向いて歩くのだ。それが中年だ。「Don't Leave Me」なのだ。

【プロフィル】常見陽平(つねみ・ようへい)

千葉商科大学国際教養学部専任講師
働き方評論家 いしかわUIターン応援団長
北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。リクルート、バンダイ、クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て2015年4月より千葉商科大学国際教養学部専任講師。専攻は労働社会学。働き方をテーマに執筆、講演に没頭中。主な著書に『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社)『僕たちはガンダムのジムである』(日本経済新聞出版社)『「就活」と日本社会』(NHK出版)『「意識高い系」という病』(ベストセラーズ)など。

【常見陽平のビバ!中年】は働き方評論家の常見陽平さんが「中年男性の働き方」をテーマに執筆した連載コラムです。更新は隔週月曜日。

▼常見陽平のビバ!中年のアーカイブはこちら