家賃、入学金、ネットオークション… 「非課税」枠を決める奇妙な線引き

2014.3.31 07:00

 家賃、保険診療、学校の入学金や授業料…。消費税増税で商品やサービスの価格が改定される一方、生活に密着するこれらには課税されない。政府が国民の負担軽減のために、課税対象を絞り込んでいるためだ。

 とはいえ、そこには複雑な線引きが存在する。例えば、居住用の家賃は非課税だが、ホテルや店舗など事業用には課税される。新築物件の購入でも「消滅せず消費にあたらない」という理由で土地代には課税されないものの、建物については課税対象だ。

 また、健康保険の対象となる診療や処方薬は非課税だが、市販の医薬品、人間ドックなどは課税される。

 政府は生死に直接かかわる分野も課税されないよう配慮しており、助産費用、火葬料、埋葬料も非課税対象だ。また、意外と知られていないが、オークションなどの「個人間取引」も課税されない。事業者から商品を購入したら課税されるが、人気の「ヤフーオークション」などネットオークションからなら消費税をかけずに買い物ができる仕組みだ。非課税の枠を理解すれば、少しは増税負担を和らげられるかもしれない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!