「規格外食品」を販売する業者増加 野菜、魚、せんべい…安価でおいしく (2/4ページ)

2015.10.24 17:06

一般市場に出回らない規格外の農産物。見た目は悪くても味は変わらず、家計にもやさしい=東京都渋谷区のラディーチェ(油原聡子撮影)

一般市場に出回らない規格外の農産物。見た目は悪くても味は変わらず、家計にもやさしい=東京都渋谷区のラディーチェ(油原聡子撮影)【拡大】

  • 外側の葉が虫に食われてしまったキャベツ。内側は問題なく食べられる(油原聡子撮影)

 同店では、規格外の野菜を「もったいない野菜」と名付け、契約農家から仕入れている。大き過ぎるエリンギを使った「ステーキ」など、もったいない野菜を使ったメニューも提供している。

 規格外の農水産物は通常、生産者が自分たちで食べるほかは廃棄されてしまうことが多い。同店をプロデュースした食品企画会社「エードット」(渋谷区)は、こうした食材を活用した飲食店を都内で3店舗、企画した。

 同社の伊達晃洋社長は「捨てられてしまう食材でも、品質には問題がないものは多い。もったいない野菜を多くの人に知ってもらう場を作りたかった」と話す。

 生産者を応援

 インターネットの通信販売サイトでは、規格外商品の取り扱いが増えている。

 食品販売サイト「オイシックス」は、規格外食品を集めた「オイシックスアウトレット」のコーナーを展開。ふぞろいの野菜や割れたせんべいなど、規格外の食品を通常商品より3割ほど安く売っている。オイシックス広報室の大熊拓夢室長は「店頭に置いてあるだけでは理解されないものも、インターネットだとサイト上でしっかり説明して売ることができる」とネット販売のメリットを説明する。

捨てられてしまう食材の利用は、生産者の支援にもつながる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。