診療報酬改定 薬剤師、専任ケア 服薬指導改善 (1/2ページ)

2016.3.21 05:00

薬の使い方について話すかかりつけ薬剤師の篠原久仁子さん(左)と患者の菅野政司さん=2月、水戸市

薬の使い方について話すかかりつけ薬剤師の篠原久仁子さん(左)と患者の菅野政司さん=2月、水戸市【拡大】

 ■「渡すだけ」薬局チェーンは減額

 「ちゃんと吸い込めていますか」。2月、水戸市のギャラリーを訪れた薬剤師、篠原久仁子さん(53)は、経営者の菅野政司さん(67)に尋ねた。菅野さんは粉末を鼻から吸うタイプのアレルギー性鼻炎薬を使い始めたばかりだ。使い方を間違っていないか、体調に変化はないかを確認する。

 菅野さんには鼻炎のほか、耳鳴りや高血圧の持病がある。これまでは医療機関ごとに別々の薬局にかかっていたが、約3年前から、職場に近い篠原さんの薬局に一本化した。「薬で分からないことがあれば気軽に聞ける」と信頼を寄せる。

 こうした患者に身近な「かかりつけ薬剤師」に対し、4月から新たな報酬が支払われる。患者があらかじめ書面で薬剤師を指名し、処方箋を持ち込むごとに700円を加算。うち70~210円が患者の負担だ。

 患者の支払いは多少増えるものの、メリットも期待できる。例えば複数の医療機関に通い、同じような薬が処方されても気付かないことが多いが、薬剤師にまとめて把握してもらえば無駄を防げる。健康の悩みなどを継続して相談できる相手がいるのも心強い。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。