築地市場で有毒魚「バラハタ」販売 東京都が注意呼び掛け

2016.4.13 18:05

築地市場で販売されたバラハタ(東京都提供)

築地市場で販売されたバラハタ(東京都提供)【拡大】

 東京都中央区の築地市場で12日、食中毒を引き起こす恐れがあるとして、都が販売自粛を求めているバラハタ1匹が販売された。購入者は特定できておらず、都が注意を呼び掛けている。

 都によると、12日午前8時半ごろ、都の市場衛生検査所の職員が仲卸店でバラハタに似た魚が陳列されているのを発見。写真を撮り、事務所で確認した後、店に戻ると、既に売られていた。全身が赤く、全長約45センチ、重さ1・2キロだった。

 食べると、関節痛や頭痛、めまいなどの症状が出ることがあり、死亡例はほとんどないという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。