そういうことか… なぜ“まともじゃない”管理職に限って出世していくのか? (3/4ページ)

2016.9.18 17:06

 あえて皆の前でさらし者にする。本人が委縮すると、調子に乗り、攻撃をする。皆は御身が大事と言わんばかりに、だんまりを決め込む。空気を読めないのは自分なのだが、部下の側と信じ込むくらいの図太さがないと、大きな会社では役員になれないことも、否定しがたい事実だ。

■自分勝手なコミュニケーション論

 まともではない管理職にとって「コミュニケーション」とは、自分の顔色をうかがい、意向に応じた言動を取ることだ。常に自分中心の体制を作ろうとする。他人を認めたり、褒めたりするのが苦手なのだ。劣等感をもっていたり、猜疑心が強く、人を信用しない傾向がある。

 本来、「コミュニケーション」は、互いの言い分や考えを話し合い、妥協点や合意点を見つけていくものである。まともではないから、それ以外できない。この人たちの意識には「自分」はあっても「他人」はない。だから、一方的に話し、従わせることが「コミュニケーション」と思い込む。そのように思わないと、心が安定しないほど「かわいそうな人」でもあるのだ。

こんな人でも管理職をできるのは、後ろ盾があるからだ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。