【講師のホンネ】一般的な対策だけでは防げない 薬剤師が教えるノロウイルスの防ぎ方 (2/2ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 有機酸が入った消毒用アルコールを選んでほしい。これは、ノロウイルスにも効果がある。

 携帯用の有機酸入り消毒用アルコールを外出後やトイレの後、食事前などこまめに使おう。しかし、消毒用アルコールをたくさん使うことに抵抗がある人もいる。その多くは、手が荒れてしまうからだ。確かに、一般的な消毒用アルコールは手の油分を一緒に持っていってしまうため、手が荒れやすくなる。ただ、有機酸が入った消毒用アルコールには保湿剤が含まれているものもある。実際、私は仕事柄1日30回くらい使っているが、手が荒れなくて重宝している。

 有機酸入り消毒用アルコールを使い、こまめな消毒でノロウイルスから身を守ろう。

【プロフィル】吉田聡

 よしだ・さとし 1977年大阪生まれ。薬局・なくすりーな管理薬剤師。延べ30万人の服薬指導に当たる中、その薬が本当に必要なのかに疑問を持ち、薬剤師の本質は「薬の引き算にある」という考え方にたどり着く。現場では、患者さんに寄り添いながら、薬を減らす服薬指導に定評がある。近年、「薬の引き算をする薬剤師」として、講演などでも活躍中。