意識した時点でアウト 「女性部下を手なづけられない」と言う人は上司失格 (2/2ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 --日本人が書くマネジメントの本には、時々書いてありますよね。

 はい。子どもに向けたような本が山ほどあります。それは日本女性の社会的地位が、世界144カ国中111位(世界経済フォーラムの2016年版「ジェンダー・ギャップ指数」より)と驚くほど低いため、男性上司が女性部下のマネジメントに慣れていないからです。

 「女性は上手に、丁寧に扱わないと怖いぞ」といったおかしな社会常識は捨てましょう。

 --意識している時点で、マネジャーとして失格ということですね。

 はい。男性も女性も、年齢も性別も肌の色も関係なく、みんな同じ部下です。そのうえでマネジャーとしてやるべきことをやればいい。

 指示は明確か、フォローはきちんとできているか、適材適所で能力に合った仕事を配分しているか。凹んでいる暇があったら、もう一度「マネジメントとは何か」を勉強してください。

 --出口さんは、女性と男性を分けて接することはないんですか。

 エレベーターに乗るときに、「レディファーストでどうぞ」とボタンを押して女性を先に通すくらいです。

 レディファーストというのは国際標準のマナーであり、別に差別しているわけではありませんから。男性の長所は、筋力が強いことくらいです。

 Answer:男女を分ける時点でアウト。マネジメントの本質を勉強し直してください

 出口治明(でぐち・はるあき)

 ライフネット生命保険会長

 1948年、三重県生まれ。京都大学卒。日本生命ロンドン現法社長、国際業務部長などを経て2013年より現職。

 (ライフネット生命保険 創業者 出口 治明 構成=八村晃代 撮影=市来朋久)(PRESIDENT Online)