10万~20万枚の埋蔵銭発見 埼玉・蓮田、1つのかめからは国内最大級

埼玉県蓮田市から出土した埋蔵銭=9日、同県熊谷市の県埋蔵文化財調査事業団(大楽和範撮影)
埼玉県蓮田市から出土した埋蔵銭=9日、同県熊谷市の県埋蔵文化財調査事業団(大楽和範撮影)【拡大】

  • 埼玉県蓮田市から出土した埋蔵銭について説明する県埋蔵文化財調査事業団の上野真由美課長=9日、同県熊谷市の同事業団(大楽和範撮影)

 埼玉県埋蔵文化財調査事業団は9日、昨年12月25日に同県蓮田市黒浜の「新井堀の内遺跡」で、かめに入った埋蔵銭を発見したと発表した。かめの大きさから10万~20万枚の古銭が入っていると推定。1つのかめの中から出土した古銭の量としては、過去に神奈川県鎌倉市で出土した約18万枚を抜き、国内最大の量となる可能性があるという。

 新井堀の内遺跡は中世の武家館跡として知られ、事業団は昨年10月に県道の建設工事に伴う発掘調査を行っていた。

 事業団によると、かめの上面から中国の唐の時代の「開元通宝」(初鋳年621年)や明の時代の「永楽通宝」(初鋳年1408年)など19種類の古銭を確認。埋設時期は永楽通宝が多く入っていることから、15世紀以降とした。

 また、かめの中に文字を残すために使われた「木簡」を発見。「二百六十」の文字と、「貫」などと書かれた可能性が高い文字があることから、古銭が約26万枚入っている可能性もある。財産を保全するために埋蔵したとみられる。

 今回の発見に伴い、14~18日に熊谷市の県文化財収蔵施設で特別公開する。申し込みは不要。問い合わせは同施設(電)0493・39・3955。