経営陣が無能だとこうなる 優秀な人が会社を去っていく7つの理由 (4/5ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 では、有能な人材を引き止めておくには、どうすればいいのか。

 優秀な人をつなぎとめる、7つのヒント

 有能な人材が退職してしまう問題を解決するには、次のような打ち手がある。

 (1)人事評価制度を抜本的に見直し、フラットな組織に切り替える

 終身雇用制度と年功序列を前提とした人事評価制度と昇給・昇格基準を改め、管理という仕事しかできない「課長」や「部長」という職位を見直し、年齢でなく能力に応じて登用するフラットな組織に切り替える。

 (2)部下とは成功や問題も共有し、共に評価や問題の解決に取り組む

 上司や管理職は、部下が仕事で成功した際には言葉にして賞賛し、問題を抱えている場合にはその内容を共有して、ともに解決に取り組む姿勢を持つようにする。

 (3)良い仕事をしたら、その都度、最適な評価を行う

 部下が良い仕事をしたら、その都度功績を評価し、言葉だけでなく昇給や昇格による待遇で報いる。部下には定期的にヒヤリングを行い、どのような報酬(昇給と昇格とでは似ているようで違う)を本人が望んでいるのかも把握して対応する。

 (4)能力開発の機会を定期的に提供したり、社内講師に起用したりする

 仕事ができる人材には、研修に代表される能力開発の機会を定期的に提供し、さらに社内で研修を行う際には、社内講師に起用するなど、社員が自身の成長を感じられる手立てを講じる。

社内で活躍する有能な人材の適性を分析し…