経営陣が無能だとこうなる 優秀な人が会社を去っていく7つの理由 (5/5ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 (5)人材採用モデルをつくる

 社内で活躍する有能な人材の適性を分析し、同じ適性を持つ人材を採用できるように、自社の人材採用モデルを策定して運用する。

 (6)自己管理ができる人材は、プロジェクトリーダーに抜擢する

 指示や命令をされなくても、自主的に考えて行動を起こせる人材は、権限を持つプロジェクトリーダーに抜擢して裁量を持たせる。上司は指示命令でなく、フォローに回る。

 (7)全方位評価を行い、組織風土の最適化を目指す

 上司が部下を評価するだけでなく、部下も上司を評価する「全方位評価」を行い、最適な組織風土を実現するように取り組む。この場合、経営陣や管理職も含めた階層別評価を行う。たとえば、一般社員の意欲が低いのに、管理職層の意欲が高い場合には、管理職のマネージメント方法に問題があると判断して、管理職層への改善策を講じるといった具合だ。

 どの企業にも通用する報酬制度や、労使ともに納得する昇格システムなどは存在しない。業種や業態、企業の生い立ちや理念、さらには企業の文化によって左右されるからだ。だからこそ、自社に最適な評価と報酬の制度を構築する必要がある。

 (マーケティングコンサルタント 酒井 光雄 写真=iStock.com)(PRESIDENT Online)