「人柄は○○に宿る」! 元受付嬢がこっそり教えるビジネスマンの印象を格上げする方法 (2/3ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 しかし、手は体の中でも末端に位置していますね。そうするとついつい蔑ろにしてしまいがちです。しかし、こう言った細部に人柄は宿るのです。

 もちろん「ネイルサロンに行って、爪を磨かなきゃ…」と思う必要はありません。自分で簡単にできるケアをするだけでいいのです。

 ・深爪でもなく長すぎない適当な長さを保つ。

 ・爪先の汚れをとる。

 ・爪や手が乾燥していたら、ハンドクリームを塗る。

 これだけで充分です。周りからの評価も変わりますが、まず自分の気持ちがスッキリすると思いますよ!

 「手は人柄を表す」そうです。手は口ほどにものを言うんです。

◆眉毛がポイントなのは女性に限らない

 《その2》眉毛はいじらないに越したことはない。あくまでも「整える」だけ。

 「それって女性のことでしょ?」と思われた方。いえ、男性にお話したいことなんです。

 懐かしく思い出すのが、「アムラー」と言う言葉。

歌手の安室奈美恵さんにあこがれたアムラーの代名詞の一つは「細い眉毛」でした。私もそんな時代がありました…(笑)。

 しかし今は眉毛を全くいじっていません。爪の話とは真逆ですね。

 そうなんです。みなさん、ビジネスのシーンにおいて気にする部分に少しズレがあるのです。

 男性の方はお化粧をしない方がほとんどだと思います。おそらく男性の方でお手入れをする箇所といえば、「ヒゲ」「眉毛」と言った、「毛」の部分だと思います。

 髪の毛やヒゲも印象を左右する大事な箇所だと思います。そしてそれを理解している方は多いように感じます。しかし、なぜか眉毛に関してはあまり意識されてないように感じるのです。

 とある受付嬢がこんなことを言ってました。

 「あのお客様、眉毛が印象的すぎて私たちの記憶には残るけど、商談で会ったら眉毛が気になって、話が入ってこないんじゃないかしら」

 それを聞いて私も「確かに!」と思ったことがあります。

周囲の印象はこう変わる!