「人柄は○○に宿る」! 元受付嬢がこっそり教えるビジネスマンの印象を格上げする方法 (3/3ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

◆眉毛が変わると周囲の印象は…

 眉毛をいじりすぎて細すぎたり、本来の形とは大きく違うであろうラインを描いていたりする男性。意外と多いんです。実は眉毛って人相を変えるほど、お顔の印象を左右するものなのです。

 「じゃあ、整えるってどれくらい?」と分からなくなる方。そうなったら一度触るのをやめて見てください。ありのままの眉毛で過ごして見てください。そして周りの方の反応を見てみてください。意外な反応が返ってくるはずです。

 例えば、ナチュラルな方が君らしさが出ていていいよ!などと好感度が上がる。

 ちょっと怖いのかなって印象だったけど、今の方が柔らかい印象だね。なんて言われる事も…!?

 これを読んでくださったあなた、ご自身は今どんな状態ですか?

手をかける部分をひと工夫するだけで、仕事もプライベートもひと味違った感触を得られるかもしれません。

 お金をかける必要もありませんし、何か特別なスキルを必要とするわけでもありません。「実践できる」「継続できる」この二つが重要だと私は考えます。

 騙されたと思って、ぜひ実践してみてくださいね。

【プロフィル】橋本真里子(はしもと・まりこ)

橋本真里子(はしもと・まりこ)ディライテッド株式会社 代表取締役CEO
1981年11月生まれ。三重県鈴鹿市出身。武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)英語英米文学科卒業。2005年より、トランスコスモスにて受付のキャリアをスタート。その後USEN、ミクシィやGMOインターネットなど、上場企業5社の受付に従事。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当。11年という企業受付の現場の経験を生かし、もっと幅広い受付の効率化を目指し、16年1月にディライテッドを設立。17年1月に、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」をリリース。

【元受付嬢CEOの視線】は受付嬢から起業家に転身した橋本真里子さんが“受付と企業の裏側”を紹介する連載コラムです。更新は原則第二木曜日。

▼元受付嬢CEOの視線のアーカイブはこちら