回答内容で賢い親かわかっちゃう…「なぜ勉強が必要か」こじらせ中学生に効くコトバ (1/6ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 この季節、「なぜ勉強をしなければならないのか?」という根源的な問いにハマる中高生が少なくない。そう子供に問われたとき、親としてどう答えればいいのだろうか。「いい大学にいくためだ」などと答えれば、子供は不登校になりかねない。3つの「模範解答」を紹介しよう--。

 子供に「なぜ勉強をしなければならないのか?」と問われたら

 筆者は仕事柄、中高生と話すことが多い。すると毎年、5月の大型連休後に、いわゆる「五月病」の症状に悩む生徒に出くわす。新学年、新学期の新しい環境への適応がうまくいかずに心身に不調が出てくるのだ。その中には「なぜ勉強をしなければならないのか?」という“根源的な悩み”にぶち当たってしまう子がいる。

 今回は、そういう思春期特有の悩みを持つ子供を3つのタイプに分け、親にできることは何かを探ってみたい。

 【1:「秀才煮詰まりタイプ」へのアプローチ法】

 ある時、東京大学合格者数ベスト10に入るほどの進学校に通う首都圏の私立中学生にこういう話をされたことがある。

 「勉強をやる意味がわからないんです……。学校を辞めたい……」

 会社役員である父親にそう告げたところ、その子の父親はこう返したのだそうだ。

 「オマエは『駕籠(かご)に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人』という言葉を知っているか? オマエは車で言えば、どの座席に座りたいのか、よく考えろ」

 つまり、その父親は息子にも自分のように運転手付きの車の後部座席に乗る立場の人間になってほしいのだ。そのために偏差値の高い難関大学に行き、優良企業に就職しろという希望を持っているようだった。

「勉強をやることは当然」に強烈な反発心