【Luxeな日本~地元発】人気急上昇 茶娘姿で一芯二葉摘み 鈴木春花

茶娘の出で立ちで茶摘み。周囲の緑と着物の色がよく映える
茶娘の出で立ちで茶摘み。周囲の緑と着物の色がよく映える【拡大】

  • 鈴木春花

 東京から一番近い日本三大銘茶の産地・狭山で茶摘み体験できる! しかも、あの茶娘姿で。そう聞いて、埼玉県狭山市にある宮野園を訪ねた。

 西武新宿線入曽駅から車で約5分。新芽のある5月から10月までの期間限定・完全予約制で約6年前から始めたところ、最近は国籍、性別、年齢を問わず、希望者が増え、すでに週末は7月までいっぱいだという。

 さて、濃紺の着物に赤いたすき、エプロンという衣装に着替え、最高級の玉露をいただいた後、茶畑へ移動する。茶娘姿の私を脚立の上から写真撮影してくれた。周囲の緑に色鮮やかな衣装が際立ち、SNS映え間違いなし。通りすがりの人が「何かの撮影?」と立ち止まるが、これも体験サービスの一つだ。

 枝先にある新芽とその下の葉2枚をプチプチと手摘みする新茶ならではの「一芯二葉(いっしんによう)摘み」で約30分。籠がいっぱいになると、次は手作り狭山茶のレクチャーを受ける。

 電子レンジを使った手もみ茶の作り方を学び、新茶とまぜた塩で自分で摘んだ茶の天ぷらを食する。茶葉の香り、甘みと渋みをしっかり味わう。茶摘み体験1000円、衣装500円。心も体もうれしくなる一日。帰りには、やっぱり、あの歌、「茶摘」を口ずさんでいたような。

<プロフィル>

 すずき・はるか テレビ山梨出身。現在はテレビ・ラジオ、講演会、司会などで活動。狭山茶の産地・埼玉県所沢市出身の縁で日本茶アンバサダーとしてエッセイ連載中。

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japan(http://lt-j.com/)では全国の地方の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もごらんになれます。