24日も猛烈な暑さ各地で続く 熱中症への対策徹底を

 日本列島は24日も広く高気圧に覆われ、日中の最高気温が35度以上になる地点がありそうだ。気象庁は関東甲信から西日本にかけての各地に高温注意情報を出し、小まめに水分を取ったり、冷房を適切に利用したりするなど熱中症への対策を呼び掛けている。

 各地の予想最高気温は甲府、岐阜、名古屋、京都の各市は38度。

 津、大津、大阪、奈良、岡山、高松の各市のほか、23日に国内観測史上最高の41.1度を記録した埼玉県熊谷市は37度になることが予想されている。

 24日午後には一部の地域で大気の状態が不安定になり、雨や雷雨になる地域もある見込み。