【IT風土記】長野発 遊休資産を村おこしの武器に 「シェア経済」に挑戦する北相木村 (1/3ページ)

 長野県の東部、群馬県上野村と県境を接する北相木村は千曲川の支流、相木川の谷間にある小さな村だ。村の面積は東京都世田谷区とほぼ同じだが、そこに暮らす住民の数はそこに暮らす住民の数は780人(2018年10月現在)。村内にコンビニエンスストアも、信号もない。井出高明村長は「何もないことが村のいいところ」と胸を張る。

北相木村の名勝「三滝」の一つ、大禅の滝。冬は幻想的な氷瀑に(北相木村提供)

北相木村の名勝「三滝」の一つ、大禅の滝。冬は幻想的な氷瀑に(北相木村提供)

 親元を離れた子供が山村の学校で学ぶ「山村留学」や、都市部から地方に移り住む「Iターン」に力を入れ、今では住民の2割が移住者だ。豊かな自然、手厚い行政サービス…。都会にあるものはないが、都会にはないものを「武器」に村の活性化に取り組んでいる。

北相木村の名勝「三滝」の一つ、大禅の滝。秋は紅葉、冬は幻想的な氷瀑になる観光スポット

北相木村の名勝「三滝」の一つ、大禅の滝。秋は紅葉、冬は幻想的な氷瀑になる観光スポット

 そんな村の、新たな「武器」にしようとチャレンジしているのが、シェアリングエコノミーだ。

 地域活性化のツールに

北相木村経済建設課の渡辺秀正課長(右)と菊池忠水課長補佐

北相木村経済建設課の渡辺秀正課長(右)と菊池忠水課長補佐

 「東京電力が隣村の南相木村に発電用ダムを建設する際、現場事務所として村に設けた施設を2005年のダム完成後、譲渡されたのですが、なかなか有効な使い道がみつからなかった。この施設をシェアオフィス、シェアハウスなどに有効利用することを目指している」と、北相木村経済建設課の渡辺秀正課長は語る。

レイバーシェアで施設運営