「東京3度」もトレンド入り…暖かい風が出ない事がないための、雪からエアコンを守る方法 (1/3ページ)

 12月9日から関東上空に寒気が流れ込んでおり、ここ最近一層厳しくなった寒さ。気象庁が12月11日の東京の最低気温を3度とした予報を受け、Twitter上では「東京3度」がトレンド入りしました。

 そうした中、ダイキン工業が、大雪で起こり得るエアコンのトラブル、その原因と回避方法を紹介しています。

 「暖かい風が出ない」「異音がする」

 今年1月22日、東京都心で4年ぶりに20センチを超える積雪を記録した際、ダイキン工業のお客さま窓口には問い合わせが殺到。具体的には「暖房運転に設定しているのに、エアコンから暖かい風が出てこない」「運転開始から5分くらいで止まってしまい、しばらくすると、また運転を開始する」「室外機から湯気が出ている」「室外機から異音がする」などの問い合わせがあったといいます。

 これらのトラブルは、室外機の周りに雪が積もって吸い込み口や吹き出し口をふさいでいる、室外機に付着した雪を溶かす「霜取り運転」によって発生している--といった原因によるものだと、同社は分析しています。

仕組みを図解で