パパ編集部員の育休エブリデイ

(2)「何のために育休取ったの!」 男女は脳内も体も考え方も違う (1/3ページ)

 2018年5月に第2子が生まれ、やる気満々で始まった半年間の育休生活。だが、いきなりスタートダッシュでつまずいた。妻の退院からわずか3日目にして、行く先が案じられる大ゲンカが勃発。育休に入るまであれこれと楽しいことをたくさん考えていたのだが、いざ蓋を開けてみたら現実は想像以上に厳しく、「男女の差」や「考え方の違い」を発端とする困難や試練が次々と待ち受けていた。(文・写真 大竹信生)

 妻と第2子となる長男が退院してから3日目の夜。親子で夕食を済ませ、大急ぎで食器を洗っているときだった。突然、寝室から妻の怒りに満ちた大声が響いてきた。

 「あなたはいったい何のために育休を取ったの!!」

 怒りの矛先が私に向いているのは確かだったので、洗い物を中断して理由を聞いてみると、「二人の子供が私のところでギャン泣きしているのに、なんで助けに来てくれないの!」と不満をぶつけてきた。妻との付き合いはそこそこ長いが、今回の怒りは“超”のつく本気モードだ。

 思わず叱ってしまった

 その数分前のこと。私がキッチンで洗い物をしていると、2歳の長女が“お手伝い”にやって来たのだが、実際は踏み台の上に立ってバシャバシャと水をまき散らすだけで、私からすれば“邪魔”をされるばかりだった。これでは作業がはかどらないので、「何もしないでいいからっ! あっちに行って!」と強い口調で叱りつけたのだ(いまこうやって記しながら「ひどい父親だ」と反省…)。

 娘は徐々に顔をゆがめると、堰を切ったように「ワーン」と大声で泣きだし、寝室で授乳をしていた妻のもとへ一目散に走っていった。せっかく眠りについた赤ちゃんは娘の泣き声で起こされたようで、子供二人による“ギャンギャン大合唱”が始まった。私もその時の状況は何となく把握していたが、当時は「急げばもうすぐ洗い物が終わる! それからヘルプに行けばいい」「それまでの数分間は妻一人で何とかなるだろう」と、今思えば甚だ思慮や配慮に欠ける勝手な判断だった。

 実際はそんなに簡単な状況ではなかったのだ。すでに衝突は避けられず、家の外まで聞こえる大音量の口論が始まった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus