【東日本大震災8年】母ちゃんも「逃げて」 児童避難させ不明の妻へ 教訓残す (1/2ページ)

避難を呼びかける看板や石碑を建てる活動を続ける木村正明さん=10日午後、岩手県釜石市(桐山弘太撮影)
避難を呼びかける看板や石碑を建てる活動を続ける木村正明さん=10日午後、岩手県釜石市(桐山弘太撮影)【拡大】

 □岩手・釜石 木村正明さんの活動

 東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた岩手県釜石市で、妻が行方不明になった男性が、避難を呼びかける看板や石碑を建てる活動を続ける。《逃げようよ》《あなたも逃げて》。震災は11日で8年を迎えたが、あの日、“母ちゃん”に伝えたかった言葉を、後世に教訓として着実に受け継ごうとしている。

 男性は元新日鉄住金社員の木村正明さん(63)。自宅にいた母の光子さんを津波で失い、妻のタカ子さんの行方は今も分かっていない。

 タカ子さんは市立鵜住居(うのすまい)小学校の職員だった。学校にいた児童や教員は避難したが、タカ子さん1人だけが残った校舎を津波が直撃した。避難した児童らは全員が生き残り、新聞やテレビは「釜石の奇跡」として取り上げた。

 「なんで母ちゃんだけが残ったのか」「残されたんじゃないのか」

 木村さんは真相を探ったが、分かったのは「保護者からの電話対応をしていたのではないか」というくらいだった。「『奇跡』の話を耳にする度に妻の存在が消されていくような気がした」と振り返る。

 そうした中、妻がいた学校の跡には、今年9月のラグビーワールドカップ(W杯)が行われる「釜石鵜住居復興スタジアム」の建設が決まり、自宅の跡には鵜住居小と市立釜石東中が再建されることになった。

「スタジアムの下に母ちゃんがいるんじゃないか」