【大学発 日本 人と技術】日本を支える研究活動と技術開発 (1/4ページ)


【拡大】

  • 新たに設置したバイオマス発電装置
  • 包括連携協定を締結した本山和夫理事長(左)と第一生命保険の渡邉光一郎会長

 ■地元・深谷のものづくり博覧会に協力

 ≪埼玉工業大学≫

 地元・深谷市がこのほど同大体育館で開催した『第4回深谷ものづくり博覧会』に共催した。同大は自動運転車の試乗体験をはじめ、学生によるロボット研究プロジェクトや科学実験教室を企業とともに出展。スクラッチプログラミングの技術を身につけた中学1~2年生による小学生向けプログラミング体験教室も行われた。同博覧会は市内の企業の認知度を高め、ものづくりの素晴らしさを伝えることが目的で、当日は地元企業関係者や市民が多数詰めかけた。

 ■来年4月に「医療健康科学部」スタート

 ≪大阪電気通信大学≫

 臨床工学技士、理学療法士、保健体育科教員などを輩出してきた医療福祉工学部を、2020年4月に「医療健康科学部」(定員190人)に名称変更し、新たなスタートを切る予定。

 これまで培ってきた医療・スポーツの学びに、さらなる情報教育の学びを加え、未来の医療・健康の期待とニーズに応える人材を輩出する。

 医療健康科学部は、臨床工学技士や医療機器・医療システムを開発するエンジニアを目指す医療科学科(医療福祉工学科から名称変更)のほか、「理学療法学科」「健康スポーツ科学科」から構成される予定。

 ■初の研究プレゼンコンテストを開催

 ≪東京都市大学≫

 世田谷キャンパス(東京都世田谷区)で同大の大学院修士課程の学生を対象とした「研究プレゼンコンテスト」を15日、初めて開催した。

続きを読む