健康経営 がんと向き合う

先端治療についてよく分かる話 (2/2ページ)

 例えば腎臓がんを治したいとする。手術の場合は腎臓を取るということになる。がんができたその臓器を丸ごと取るわけで、がんを体から取り除くということにおいては最も優れている。それを手術の代わりに先進医療で重粒子線を行ったり他の先端治療で行う場合は、手術よりも良い成績を求めるためではなく、切らずに済んだり、生活の質(QOL)を保てるというメリットがあるためだ。

 先端治療に期待することとしては、標準治療の補完的な役割だ。残念ながら手術、放射線、抗がん剤と言った三大標準治療だけでは、がんが治らないことも多い。再発や全身に飛んだがんについては、さらに厳しい。

 気を付けなくてはいけないのは、やはり金額のことだ。保険が効かないので、一般的には300万円近くは覚悟しなくてはならないことが多い。場合によってはもっとかかることも多々ある。それで良くなるという例もたくさんあるが、期待通りに結果が出ない症例もたくさんある。どの治療を選ぶかは慎重に見極める必要がある。

【プロフィル】竹内規夫

 たけうち・のりお 1978年、和歌山県生まれ。がん治療コンサルタント。2008年ごろから、がん患者をサポートする活動を開始。16年、がん治療専門のコンサルタントが、患者をサポートするGMSを設立し、社長に就任。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus