高額薬再び 大きなリスクか 小さなリスクか

(中)新薬ブーム 「使い方の見直しが必要」 (1/3ページ)

(上)はこちら

 インフルエンザが日本列島を席巻したこの冬、ちょっとした“新薬ブーム”が起きた。

 「ゾフルーザください」

 ワイドショーなどで、1回飲むだけの手軽な抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」の登場が報じられ、診療所や保険薬局で求める人が相次いだのだ。発売元の塩野義製薬(大阪市)は品不足の対応に追われた。

 ゾフルーザが売れに売れるなか、当初から処方を見合わせた病院もある。「効果と副作用のバランスを考えると、投与を控える時期だと考えた」。亀田総合病院(千葉県鴨川市)の細川直登感染症科部長は言う。

 公表されている論文などでは、ゾフルーザの効果は既存の抗インフルエンザ薬とほぼ同等。ただ、効く仕組みが異なるため、既存薬が効かないときに切り札となる可能性がある。

                 ■  ■

 注意しなければならないのは、新しい薬は未知の副作用を起こす危険性もあることだ。新薬に飛びつく傾向に、細川部長は苦言をもらす。「がんや白血病のような命に関わる疾患なら、副作用のリスクを取っても新薬を使う利点がある。だがインフルエンザの場合、健康な成人は薬を使わなくても治る。既存薬があるのに、あえて新薬のリスクを取りに行く必然性がない」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus