ライフ

寒さ吹き飛ぶ東北の味 囲んで楽しむ芋煮 (1/2ページ)

 次第に肌寒くなるこの時期、ほっくりとして、ねっとり、じんわりほどけていくサトイモでつくる「芋煮」は体を芯から温めてくれる。仲間同士で芋煮の鍋を囲む「芋煮会」は、東北南部を中心におなじみの光景だ。わいわいと集まれば楽しさも相まって、寒さも吹き飛びそうだ。(小林佳恵)

                   

 ◆地域振興に手応え

 山形県産の旬の食材を味わうことができる和食店「赤坂あじさい」(東京都港区)では、しょうゆ味のつゆに牛肉やサトイモ、ゴボウ、季節のキノコなどを煮込んだ芋煮を出している。同県出身で店主の佐藤弘治さん(59)は「牛肉やゴボウのうま味が染みたサトイモを味わっていただきたい」と笑顔で話す。

 おもに東北南部で、郷土料理として愛されている芋煮。秋になると、親族や友人をはじめ、地域のコミュニティーや部活動といったさまざまなグループが河川敷などに集まり、芋煮の鍋を囲む芋煮会も頻繁に行われる。

 なかでも、山形市の馬見ケ崎河川敷で毎年9月に行われる「日本一の芋煮会フェスティバル」は、直径6・5メートルの大鍋と大型重機で調理する大規模なイベントだ。県の活性化などを目指して山形商工会議所青年部が発案し、平成元年から続いている。

 今年の実行委員長を務めた佐藤卓弥さん(45)は「最近は海外からの来場者も増え、地域振興の手応えを感じている。何より、来場者の笑顔を見るのがやりがいだ」と語る。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus