鉄道業界インサイド

東武野田線、3月ダイヤ改正でどう変わる? 急行拡大や終電繰り下げ (1/2ページ)

枝久保達也
枝久保達也

 東武鉄道は3月14日、野田線(東武アーバンパークライン)のダイヤ改正を実施する。野田線は埼玉県の大宮駅から、千葉県の流山おおたかの森駅、柏駅、新鎌ヶ谷駅を経由して船橋駅まで、都心から約20~30km圏の近郊住宅地を結ぶ総延長約63kmの路線だ。環状線という性質上、長距離利用者が少ないこともあり、意識されることは少ないが、実は京成電鉄本線の上野~京成成田駅間を上回る長距離路線である。

 ダイヤ改正のポイントは大きく2点

 東武は近年、野田線沿線の定住人口を増やすために、サービス改善・沿線価値向上に力を入れている。2013年に野田線としては初となる新型車両「60000系」を導入し、2014年に路線愛称「東武アーバンパークライン」を制定すると、2016年から大宮~春日部駅間で急行運転を開始。昨年10月には逆井~高柳駅間を複線化し、柏~船橋駅間全線の複線化を完了するなど、ハード、ソフト、イメージの刷新に努めてきた。

 こうした取り組みの集大成ともいえる今回のダイヤ改正のポイントは大きく2点。平日の最終列車の時刻繰り下げと、運河~船橋駅間の急行運転の開始である。そこで野田線を、埼玉県内(大宮~南桜井駅)、千葉県内柏方(川間~柏駅)、千葉県内船橋方(柏~船橋駅)の3つに分割し、エリアごとの変化を追ってみたい。

 まずは埼玉県内(大宮~南桜井駅)だ。前述のように2016年から急行運転を行っている大宮~春日部駅間の運行形態には大きな変化はない。しかし、千葉県区間での急行運転開始に伴い、大宮~船橋駅間の所要時間はこれまでの92分から76分に最大16分短縮される。大宮~船橋駅間の流動は大きなものではないが、埼玉県内から成田空港へ向かう際、急行列車を利用して新鎌ヶ谷駅で成田スカイアクセス線(アクセス特急)に乗り換えるという活用方法も考えられるだろう。

 終電繰り下げについては、大宮駅では最終七光台行きが23時55分から24時23分へ28分繰り下げられ、JR宇都宮線・高崎線の最終列車と接続。最終岩槻行きが24時17分から24時46分へ29分繰り下げられ、JR埼京線の最終列車と接続する。

 またプレスリリースには記載されていないが、東武によると春日部駅においても最終大宮行きが23時49分から24時18分へ29分繰り下げ、最終七光台行きが24時23分から24時48分へ25分繰り下げられるそうだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus