ヘルスケア

苦悩する就活生「家にいるだけ」 説明会中止や選考延期…対応苦慮 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、就職活動中の大学生らにも暗い影を落としている。3月からの企業説明会は中止が相次ぎ、今月7日の緊急事態宣言後は選考を延期する一部企業も出てきた。大学も閉鎖されるケースが多く、例年通りのサポートは難しい状況だ。16日、緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大する方向となり、内定が得られない学生らの苦悩はますます深まりそうだ。

 「暇なのはとても不安」

 「2月下旬からインターンシップ(就業体験)や説明会の中止が増え、本来なら忙しいはずのこの時期に暇なのはとても不安だ」

 都内の私立大4年の男性(22)は、大学の授業延期も重なり、アルバイトと就活塾に通う以外は予定のない日々が続いている。グループディスカッションが個人面接に変更されるなど、対策が無駄になってしまうケースもあった。「いつ内定がもらえるのか」と焦りばかりが募る毎日だ。

 首都圏の私立大4年の男性(21)も企業の選考延期が相次ぎ、次回の面接日程も伝えられていない。「家にいるだけの毎日」という。大学施設内は立ち入り禁止となり、就活の相談窓口も閉鎖。エントリーシートの指導や面接練習なども受けられない。

 男性は「OB訪問で会うのも会社で禁止されていると先輩から聞いた。前回、最終面接を受けてから日が空いているので練習したいのに、待つ以外のことができない状況だ」と話す。

 ウェブで情報収集

 大規模な合同企業説明会はほとんどが中止となり、個別の会社説明会も中止になっているところが多い。オンライン形式の説明会やウェブ面接を導入する企業も出始めている。

 都内の私立大4年の女性(21)は、中止となった合同説明会などの代わりにウェブで開催される企業個別のライブ配信などで情報を収集している。「直接足を運ぶと移動時間を考えないといけないが、オンラインなら(予定を)詰め込める。ウェブだからこそ効率的にできている部分もある」と前向きにとらえる。

 一方、座談会やOB訪問など社員と直接会話できる機会がなくなっていることへの懸念もある。「実際の社員と会ったときのように雰囲気が分からない」と不安を漏らした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus