趣味・レジャー

収入増加と支出削減、「J1の桜」が特別チームでコロナ禍に立ち向かう (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止していたサッカーのJリーグは、今日7月4日再開のJ1に先立ち、6月27日にいずれも無観客で、J2が再開、J3が開幕した。7月10日以降の試合から観客を入れる方針で準備が進められているが、当面は入場制限などがあり、どのクラブもチケット収入やグッズ収入の大幅な減少は免れない。スポーツから遠ざかっていたファンの関心を呼び戻す必要もある。正常化に向け、各クラブはどうコロナ禍に立ち向かっているのか。J1のセレッソ大阪を例に検証した。(北川信行)

 プラスとマイナス

 ゴールデンウイーク(GW)明けの5月7日、事業部長の橋本毅夫は新たに立ち上げた「収益改善プロジェクト」のメンバーを決め、招集をかけた。当初は前日の6日までだった緊急事態宣言はGW中に延長が決まり、街にはまだ自粛ムードが漂っていた。Jリーグ自体も活動再開の時期が見通せず、「クラブは冬眠しかかっているような状態だった」(橋本)という。

 チームは他クラブに先駆けてオンラインでの練習を取り入れ、外出自粛中の選手らはフィジカルコーチの指導の下、自宅でトレーニングに励んでいた。先が見えない状況は続いていたが、運営スタッフもクラブの再始動に向け、かじを切る時期にきていた。

 プロジェクトでは、部署を横断する形で、2つのチームを特別編成した。一つはプラスを狙う「収入増加チーム」。もう一つは、マイナスを少なくする「支出削減チーム」だ。未曾有の災厄を乗り越えるには、2つのチームが両輪となり、休止しているクラブ運営を前に進める必要があった。

 「収入増加チーム」のメンバーは、社歴の浅い者のリーダー格が中心。先例にとらわれずに、さまざまなアイデアを出し、スピード感を持って実行に移すためだ。一方の「支出削減チーム」は、日常的にクラブの予算を把握している各部署のグループ長を中心に編成した。シビアな削減には、予算を熟知している必要がある。さらに、無駄を洗い出し、わずかなぜい肉をそぎ落とす方法を見つけるには、経験も大事だった。

 タイミング見計らい

 2つのチームは毎週火曜日の午後にミーティングを開き、意見交換。「収入増加チームから出てきたアイデアの数は3桁にのぼる。他のクラブで既に行っていたものや、インターネットで発見したものもある。とにかく、やってみようというのが大事だった。支出削減チームには、いろんなものを見直してもらい、ニアピン(近似値)を出せるように指示を出した」。橋本は意図をそう説明する。

 収入増加チームの発案から、クラブが6月10日に発表した「なんかせなあかん!」プロジェクトが生まれた。キャッチフレーズは「今までの常識にとらわれないさまざまな企画に挑戦していきます」「サポーターが『さすがセレッソだ! 大阪だ!』とワクワクするような企画を行っていきます」。それらは、収入増加チームが与えられたタスクを自ら具現化した言葉でもある。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus