クルマ三昧

ヤナセ車の価値が車両だけにとどまらない理由 偉大なブランドを築いた功績 (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 ヤナセ品であることが品質の証

 個人売買のネットを巡れば、ヤナセの果たした役割がわかる。青く縁取りされた黄色い「YANASE」のステッカーが、いまでも高値で販売されているのだ。というのもつまり、GMなりメルセデス・ベンツなり、ヤナセのステッカーが貼られているからこそホンモノであり、並行品とは異なり品質が保証されていることを意味するからだ。

 中古車サイトをサーフィンしていても、こんな記述が目につく。「〇〇車 ▲▲年式、ヤナセ車」。ヤナセ品であることが、品質の証なのだ。その記述だけで取引価格が数十万円跳ね上がる。

 こんな記述もある。「ヤナセメンテ車 車検ヤナセ」。ヤナセで定期的なメンテナンスを受けているかが、中古車の価値を決めるからだ。

 僕も古いメルセデスを所有しているが、ヤナセのステッカーをスペアとして保管してある。万が一事故などに遭遇し、ステッカーが貼られているバンパーを交換せねばならなくなったときに備えているのだ。

 ヤナセ製の車検証ケースもネットで高値取引されている。一部の販売会社がブランドとして認知されている稀有な例である。そしてそのブランドパワーは、世界の各メーカーが日本法人を設立したいまでも残る。クルマが個体としての価値ではなく、販売店を含めての動産であることを物語る。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【クルマ三昧】はレーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、最新のクルマ情報からモータースポーツまでクルマと社会を幅広く考察し、紹介する連載コラムです。更新は原則隔週金曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【試乗スケッチ】こちらからどうぞ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus