終活の経済学

生前整理(2)買い取りのプロに聞く 不用品「高値」期待しないで (1/2ページ)

 生前整理による不用品を何とか高値で買い取ってほしい。誰もが考えることだが、査定結果を聞いて「ガッカリ」という経験をした人も多いだろう。どんなものが高く売れるのか、業者に依頼する際に気をつけることなどを、業界事情に精通する出張買い取り「なんでも市場」の松谷修二さんに聞いた。

 大抵は値段つかず

 生前整理をするとき、買い取り業者を利用する人が増えているという。特に、長年のコレクションや高額で買った品を手放すときには、他の不用品の処分費を賄うために「できるだけ高く売りたい」と考える人も少なくない。ところが「実際には売れるものは少ない」と松谷さんは話す。

 「まず、過度な期待を持たない方がいい。大抵は値がつかず、ごみとして処分されるケースがほとんど。なかには売れるものもあるが、未使用品や希少価値のあるものに限定される」

 もし、自分で価値が分かっているものであれば、訪問タイプの買い取り業者に来てもらう前に、売りたい品を得意分野にしている専門業者へ足を運んだ方がよいという。

 「生前整理サービスの買い取り業者は、売りたい品に目が利くとは限らない。手間にはなるが、買い取り専門店に持ち込むのがベスト。正しく査定できる人に見てもらい、納得した金額であれば、後悔なく手放せるのではないか」

 査定は複数業者に

 では、生前整理サービスとともに訪問タイプの買い取りを行っている業者に査定してもらう場合、どんな点に気をつければいいのか。

 「基本だが、まず複数の業者に見積もりをお願いしたい。厳しいことを言うようだが、ほとんどのものが売れずごみとして扱われることが多いので、処分する際の費用を確認しておくことが前提になる。買い取りはその場で査定されるが、適当な理由をつけて安く買い取り、高値で売ろうとする業者もいるので注意が必要だ」

 もちろん、客の思いを理解して誠実に買い取る業者も存在する。しかし、善しあしを見分けるのは難しい。どうすればよいのだろう。

 「処分費や買い取り価格について、なぜこの金額なのか、理由を説明できるか確認してみてほしい。正規の金額を算出している業者や、正しく査定できる人間であれば、しっかりと説明してくれるはずだ。あやふやで不透明な回答をする業者はすぐに断ろう」

 業者に言われた金額をそのままうのみにするのは禁物だ。松谷さんは「高齢者が一人で立ち会うのは避けるべきだ」と話す。

 「よくあるのが、気の弱いお客さんが業者の言われるままに買い取りをお願いしてしまうケース。特に高齢者に多く、損をしていることもある。必ず業者に意見できる身内や知り合いに加わってもらおう」

 だますというよりも、価値をよく分かっていない人を派遣する業者もあるからだ。

 松谷さんはさらに、「大型の家具や電化製品などは処分費がかかると思ってほしい。正規の金額であればよいが、残念ながら悪徳業者もいる」と強調する。

 「不安な方はトラブルを避けるためにも知人を通して信頼できる業者にお任せした方が無難だ」とアドバイスする。

【プロフィル】松谷修二氏

 1973年8月生まれ。2011年、フランチャイズの買い取り専門店オーナーに。翌年には出張買い取り「なんでも市場」を開店。現在、株式会社「Metius」代表。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus