コロナ その時、

(21)2020年9月1~16日 難題抱え新政権誕生、感染者増加の兆し (1/2ページ)

 第99代首相に選出された菅義偉(すが・よしひで)首相は「最優先の課題は新型コロナウイルス対策だ」と訴えた。感染の「第2波」は収まりつつあり、観光支援事業「Go To トラベル」の継続など景気回復策を進める一方で、冬に予想されるインフルエンザとの同時流行に備える難題を抱えた。

 緩む警戒 動き出す経済 イベント上限撤廃/ビジネス往来も

 厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織が、国内の新規感染者が緩やかに減少し始めているとの分析を公表した2020年9月2日、安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選に菅義偉官房長官が名乗りを上げた。政治空白が懸念されたこの時期、感染拡大の鈍化を受け、経済回復策や「次の流行」に備えた動きが活発化した。

 感染の「第2波」は収まりつつあるように見えるなか、政府や自治体は部分的に警戒を緩める一方、冬に向けて予想される「第3波」への備えを始めた。

 厚労省は4日、秋以降の新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、発熱時の受診手続きの変更を発表した。政府は同日、新型コロナ対策分科会を開き、飲食業界の支援策「Go To イート」について感染抑制地域に限定して開始する方針で合意。8日には台湾など5カ国・地域を対象に長期滞在者の往来を緩和した。

 東京都は10日、感染状況に関する警戒度を、約2カ月間維持してきた最高レベルの「感染が拡大していると思われる」から1段階下の「感染の再拡大に警戒が必要であると思われる」に引き下げた。23区内の酒類を提供する飲食店などに対し実施していた午後10時までの時短営業要請は、「感染拡大防止と社会経済活動の両立」(小池百合子知事)の観点から15日に終了した。

 JR終電繰り上げ

 政府は11日、プロ野球などの大規模イベントの「上限5000人」を19日から撤廃する方針を決定。赤羽一嘉国土交通大臣は観光支援事業「Go To トラベル」の対象から外れていた東京都について、10月1日から対象に加える方針を示した。

 一方、JR東日本は3日、令和3年春のダイヤ改正で東京駅から100キロ圏内のほぼ全路線で30分程度終電時刻を繰り上げると発表。コロナ禍で利用者が減ったためで、JR西日本も主要線区を対象に繰り上げる方針を8月に示していた。

 自民党総裁選は14日に投開票され、菅氏が岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長との戦いに7割超の得票で圧勝した。16日に首相に選出された菅氏は就任して最初となる記者会見で、「欧米諸国のような爆発的な感染拡大は絶対阻止し、国民の皆さんの命と健康を守り抜く。その上で社会経済活動との両立を目指す」と約束した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus