Bizプレミアム

意外と知られてない? 世界初の高速鉄道に影響与えた小田急ロマンスカー (1/4ページ)

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部

 世界初の高速鉄道誕生の影に、航空機の製造技術を取り入れた小田急電鉄の特急「ロマンスカー」の存在が大きく影響していたことは、あまり知られていないかもしれない。東海道新幹線が開業する7年前、初代ロマンスカーが国際標準より狭い線路幅の狭軌鉄道で世界最速の時速145キロを樹立。その高速試験データが新幹線開発にも役立てられたのだ。「高速鉄道のパイオニア」とも称され、新幹線誕生の立役者となった初代ロマンスカーはこれまで非公開だったが、4月に開館する小田急の博物館「ロマンスカーミュージアム」の目玉展示として公開されることになった。一方、ロマンスカーの車内販売が12日で終了。約70年間続いた「走る喫茶室」の歴史に終止符が打たれた。ロマンスカーの歴史をかんたんに振り返ってみたい。

ロマンスカーは「新幹線のルーツ」

 思いを寄せ合う2人がロマンスを語りながら温泉地の箱根を目指す。どこか甘美な響きのある「ロマンスカー」という愛称。進行方向に向かって並ぶ2人掛けの座席を「ロマンスシート」と呼び、これがロマンスカーの由来になったとされる。

 ロマンスカー(ローマンスカー)は戦前、関西の京阪電気鉄道や南海鉄道でも走っていた。関東では戦後、東武鉄道に「デラックスロマンスカー」(1720系)と呼ばれた特急車両があった。だが、今やロマンスカーは小田急の“専売特許”に。自然災害に伴う運行情報を伝えるニュースでも、「特急ロマンスカー運休」と報じられるほど、小田急の代名詞として人口に膾炙(かいしゃ)している。

 その歴代の小田急ロマンスカーが一堂に会する博物館が「ロマンスカーミュージアム」だ。小田急小田原線海老名駅(神奈川県海老名市)の隣接地に4月19日に開業する。

 「ロマンスカーを中心とした退役車両の展示を通じ、小田急の歴史を後世に伝えていくことで、小田急に愛着を持っていただくきっかけとなればと考えています」

 小田急の担当者はミュージアム開館の意義をこう強調した。ロマンスカーの嚆矢(こうし)が1957年に登場した初代3000形。スーパーエクスプレスの頭文字から「SE」や「SE車」と呼ばれる。

 温泉地に向かう私鉄の特急車両でありながら、当時の科学技術の粋が集められ、鉄道技術研究所(現・鉄道総合技術研究所=JR総研)と共同開発されたのだ。それがいかに異例で、エポックメイキングなことであったか。当時と今では時代背景も異なり“凄さ”を理解するのは難しいが、あえて現在に置き換えて考えれば、リニア中央新幹線開業前に、私鉄の観光特急に超電導リニア技術の導入を試みるようなものか。それほど前代未聞の出来事だった、と言ってもあながち大げさではないかもしれない。

 そして、このあまりに画期的なSE車の誕生は、1964年10月に開業する東海道新幹線開発に大きな影響を与える。「高速鉄道のパイオニア」「新幹線のルーツ」と称されるゆえんだ。

 「タタン、タタン」独特のジョイント音

 電車の車輪がレールのつなぎ目(ジョイント)を通過する音といえば、「ガタンゴトン、ガタンゴトン」である。ところが、ロマンスカーの奏でる音は違った。オノマトペ表現は難しいが、少なくとも「ガタンゴトン」ではない。文字に書き起こせば、「タタン、タタン、タタン、タタン」といった感じだ。何とも軽快で小気味よく、等間隔の律動を響かせるのだ。

 レールのつなぎ目から聞こえるこのリズムの違いは、ロマンスカーの特殊な台車構造に起因する。通常は1両につき2つの台車が設置されているのだが、歴代ロマンスカーは、車両と車両をつなぐ連結部分に台車を配置。これを「連接台車」と呼び、等間隔で台車が配置されているので、通常の車両とジョイント音も異なるというわけだ。

 SE車はこの連接構造を小田急で初めて採用。後継車両にも引き継がれていくロマンスカーの伝統になった。連接構造のメリットはカーブ区間に対応できること。直線区間が少ない私鉄の小田急線内でスピードアップを図る狙いがあったとみられる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus