デキる男は住まいから

本好きミニマリストの「本の片付け方」 人気の新刊は電子でなく紙で買う!? (1/2ページ)

香村薫
香村薫

 「本が大量にあって困っています」という片づけのご相談を頂くことがあります。

 クロス・マーケティング社による「読書に関する調査結果(2020年)」によると、コロナ禍で若者の読書量が2割ほど増加しています。紙の本は数冊なら何の問題もありませんが、数が増えると場所を取り、そして重量があるので収納場所に困る、災害時に倒れてくる可能性がある、ということでお悩みの方が多いように感じます。

 本は、片づけにおける“ものさし”のひとつである「使用頻度」に当てはめにくく、「一度読んだけれどもまたいつか読むかもしれない」と思うと手離しにくいものです。そこで、今回は片づけのプロでありミニマリストでもある筆者が、本の持ち方・手放し方についてアドバイス致します。

1.今すでに持っている紙の本 仕分けの基準と並べ方

▼ジャンル分けして「向き合う」

 まずは、今持っている紙媒体と向き合うこと、「本のジャンル分け」から始めましょう。本を沢山持っている場合は、この12ジャンルにすると分けやすいですよ。

1.ビジネス・経済

2.文学

3.コンピューター

4.医学

5.人文・思想

6.歴史・地理・社会

7.趣味

8.科学・テクノロジー

9.教育・受験・語学・資格

10.暮らし・健康・子育て

11.お金

12.その他

 ジャンルに分けることで、「自分がよく買う本のタイプ」が数字として明確にあらわれます。タイプを知れば、次に本を買おうと思った時に「あのジャンルは未読の本が3冊もあるから…」などと歯止めのキッカケとなるのでぜひやってみてください。

 ジャンル分けが終わったら、本を本棚に戻します。収納スペースに余裕がある場合は、全ての本をジャンルごとに右肩上がりに並べるとスッキリキレイに見えます。

▼仕分けする 有効な2つの方法

 収納スペースが狭い場合は下記2案が有効です。

《A案》

「今月は英語学習月間」「来月はお金に関する本」と月ごとにテーマを決め、そこに関連する書籍をサッと手に取れる場所に置いておく。

 一カ月間という期限の中でテーマが決まっているとやる気がアップします。このとき、テーマに関わるジャンルの本は全て置いておくことで、結果的に「手にした本」「見ることがなかった本」がわかるので、自分が読みたい本の傾向を知ることができます。

 見ることがなかった本は「図書館で借りることができるか?」を調べることで、今は一度手放し、また必要になったら借りよう! と割り切るキッカケにもなりますね。

《B案》

「今月読む本」というように、「読みたい」と思う本を全てさっと手に取れる場所に並べておく。

 この場合、一カ月で何冊読めたか? を数字で「見える化」することができるので、「一日の中で読書にかけられる時間」「1冊読むのにかかる時間」が明確になり、本の買いすぎを食い止めるきっかけにすることができます。

 ただし、特に大人の場合は、「読みたい!」と思う本の数と、実際に読書に費やせる時間に大きな差があることに気づきます。そこで我が家では、比較的時間に余裕のある「子供」にこの方法を使っています。

 あえておもちゃ箱の前にタイトルが見えるようにまとめて置いておくと、「つい手に取って読んでしまう」と子供が言っていました。

 現在我が家の小学生は2日に1冊のペースで読み終えるので、2週間に1度図書館で10冊借りるようにしています。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus