試乗スケッチ

トヨタ「GR86」・スバル「BRZ」 個性を持ち始めた“一卵性双生児” (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

夢のコラボ、“兄弟スポーツカー”が2代目に進化した。トヨタ「GR86」とスバル「BRZ」。トヨタとスバルは技術的な提携関係にあり、資本も持ち合っている。世界の自動車メーカーが合従連衡を繰り返す中、数年前に急接近したトヨタとスバルは一層その絆を硬くしつつある。その象徴がこのGR86とBRZであろう。

 革命的な開発手法を敢行

 両メーカーの開発部隊が机を並べ、1台のスボーツカーを開発した。肝となるエンジンはスバルの伝家の宝刀である水平対向4気筒だ。生産もスバルが担う。そんなスポーツカーが、一方ではGR86としてトヨタブランドになり、一方ではBRZと名付けられてスバルの販売店からリリースされる。

 爆発的な販売台数が期待できないスポーツカーであるものの、一定のマニアを抱えているのも事実であり、スポーツカーをラインナップに揃えておきたい、そして本音で言えば、スポーツカーの火を消したくないトヨタとスバルが、胸襟を開いで共同開発した作品なのだ。

 だが、ほとんど供用部品で構成されている。エンジンはスバル製で、燃料供給システムはトヨタ製というように、心臓部すら得意のシステムを持ちより合体させている。プラットフォームもボディも流用する。細部のエクステリアテザインと、もちろんエンブレムが異なる以外に違いはほとんどない。まるで一卵性双生児のような関係にある。

 たが、2代目になり革命的な開発手法を敢行した。エンジン本体は共通だが、エンジン特性には手を加えた。サーキットでドライブした印象では、GR86が刺激的なエンジンの吹き上がりを優先しており、BRZはコントロール性に優れたリニアな出力特性にしている。それぞれ味付けを変えているのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus