受験指導の現場から

毎日塾通い or 5割は自主勉…どちらが向いている? 我が子の夏の過ごし方 (1/2ページ)

吉田克己
吉田克己

 本稿が公開される頃には夏期講習会も真っ盛り。多くの受験生は、来春の本番に向けて、スタートダッシュを図っていることだろう。

 今回は、その夏期講習会を含めた夏の過ごし方について考えてみたいのであるが、対象とするのは現・受験生ではなく、来年・再来年に「受験生の夏」を迎える、今の小5・小4生とその親御さんである。

夏期講習会の負荷は塾それぞれ

 最初に、四大中学受験塾の夏期講習会スケジュールを概観しておきたい。それぞれの夏期講習日程(小6)は、ざっと以下のようになっており、授業日数では大きく二つに分かれる。

  • 【SAPIX】授業:18日(400分/日)、テスト:1日
  • 【四谷大塚】授業:16日(400分/日)、テスト:2日、8月特訓:10日間
  • 【日能研】授業:24日(350分/日)、テスト:4日
  • 【Wアカ】授業:24日(380分/日)、テスト:2日、夏期集中特訓:5日間

 多少の補足説明をしておくと、四谷大塚では「8月特訓」は必修となっているため実質28日間となり、早稲田アカデミー(Wアカ)でも9割前後の生徒が「夏期集中特訓(合宿)」に参加することから実質31日間となる。また、日能研は実質28日間であるが、校舎によっては70分×5コマ/日に加えて、同じ日に70分の特別授業が設定され、フル参加だと420分/日となったりする。

 「受験生にとっては勉強が仕事」と考えるなら、SAPIX以外の3つの塾では、5日間程度のお盆休みを挟んで、週休1日で7時間/日(休憩・昼食時間を含めれば拘束時間としては8時間以上)の日が5~6週間続く、ということにあたる。

 「うちの子、体力がもつのか?」―不安に駆られる保護者は少なくないはずだ。筆者の経験に照らせば、普段からの授業で集中が途切れがちな生徒や居眠りをしてしまうことがあるような生徒には、相当にきつい。体力的にきついだけでなく、フル参加する価値があるのかという面でも。

 一方で、受験生の中には強者もいて、たとえば17時に授業が終わるとすると、19時まで復習してから帰宅する生徒も何割かいたりする。実際問題として、授業のあった日に、帰宅・夕食・入浴後にまた勉強を始めるというのは、大半の生徒にとっては、とてもではないがハードルが高い。であれば、家に帰ってから勉強することは諦めて、その日の授業で分からなかったところを1~2時間復習してから帰宅しよう、というのはむしろ合理的だろう。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus