サイトマップ RSS

谷底の町 巨大反射鏡で日光浴

2013.11.1 12:00

  • ノルウェー・首都オスロ

 ノルウェーの首都オスロから西約110キロに位置する町、リューカンで10月30日、山頂近くに計51平方メートルの巨大な太陽光反射鏡3枚が設置され、町民が集まった広場を反射光が照らした。

 谷底にあるリューカンでは10月初めから3月半ばまで、山影に入って太陽の直射光が一切届かない。このため、85万ドル(約8300万円)をかけて反射鏡の設置工事が行われた。反射光が当たる広さは約600平方メートルで、町民が日光浴を楽しむ。(SANKEI EXPRESS


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ