サイトマップ RSS

新春インタビュー 映画監督 河瀬直美さん(1) 日本古来の豊かさを学びたい (1/2ページ)

2014.1.15 16:45

奄美大島の人々が「2つの海が見える場所」と呼ぶ高台から望む東シナ海(左)と太平洋(右)。2つの海は徒歩で10分もかからない距離にある=鹿児島県大島郡龍郷町(別府亮さん撮影)

奄美大島の人々が「2つの海が見える場所」と呼ぶ高台から望む東シナ海(左)と太平洋(右)。2つの海は徒歩で10分もかからない距離にある=鹿児島県大島郡龍郷町(別府亮さん撮影)【拡大】

  • 映画監督の河瀬直美さん=2013年12月10日、東京都千代田区(野村成次撮影)
  • 鹿児島県・奄美大島は奄美市、瀬戸内町、龍郷町、大和村、宇検村の1市2町2村。奄美市には4万4515人が暮らす=2013年12月31日現在

 故郷の奈良県を拠点に、日本人が太古から尊重してきた伝統文化を後世に伝え、人類普遍の大切な価値として世界の人々にもメッセージを送ってきた映画監督の河瀬直美さん(44)。夏に公開される新作「2つ目の窓」では、奈良県を飛び出し、はるか南方にある鹿児島県の奄美大島を舞台に選んだ。大自然とともに生きる島の人々との触れ合いを通して、気がついたことは何だろう-。

 私は先人たちが残した日本の伝統文化を大切にしようとの思いを胸に、生まれ育った奈良県を拠点に映画を作ってきたんですが、8年前に私のルーツが奄美大島にもあることを初めて知りました。母方の祖母が奄美大島の北部にある笠利(かさり)地区の出身だったのです。私は奄美大島を意識するようになりました。初めて訪れたのは、皆既日食の前年だった2008年のことですね。奄美大島に暮らす人々のおおらかさに私は魅せられて、この土地を舞台にした映画も撮ってみたいなあと考えました。タイトルは「2つ目の窓」としました。

 初めて訪れたとき、私はカメラを持って笠利地区の集落を訪ね、「自分のおばあちゃんが生きた場所はどんなところなのだろう」と探していました。私が手にしていた祖母の家の番地と現在の番地は違っていて、さまよい歩いていたんです。すると後ろから現地に住むおじさんが「何しているの?」と声をかけてきました。事情を話したところ、その人は実は祖母の親戚だったんですね。その日のやり取りはそれで終わり、私は1泊だけして奈良に帰りました。しばらくして2回目に訪れたとき、そのおじさんに会ったら「お帰り」と言ってくれたんです。

奄美大島の人たちは来る人を拒まない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ