サイトマップ RSS

冒険心から「16分の27拍子」 上原ひろみさんインタビュー (1/3ページ)

2014.5.28 13:40

2011年の東京JAZZに出演した上原ひろみ=2011年9月3日(提供写真)

2011年の東京JAZZに出演した上原ひろみ=2011年9月3日(提供写真)【拡大】

  • アルバム「ALIVE」(上原ひろみ、初回限定盤3200円+税、通常盤2600円+税)。発売中(提供写真)

 「私は音楽にかけては冒険というのが一番大事な要素だと思っているので、『ALIVE』は冒険心に満ちあふれたアルバムになったと思います」

 上原ひろみはトリオを組んで4年目になるアンソニー・ジャクソン(6弦ベース)とサイモン・フィリップス(ドラムス)と、ニューヨークの3日間で全9曲をレコーディングした。

 録音までにライブで全曲を演奏してきたせいか、とても聴きやすい仕上がり。とはいえ1曲目の「ALIVE」には16分の27拍子が入っているなど、超人的な演奏を繰り広げている。

 ゲーム感覚で

 「この曲はもともと7拍子で書いていて、だから16分の28になるんですけど、サイモンが“もう7拍子に慣れているから1拍減らそう”と言い出して(笑)。それでやってみたら、みんな“(慣れない感じで)気持ち悪いね”となったので、喜んで挑戦することにしました(笑)」

タカデミタカデミ・タキタタキタ・タカデミ・タキタタキタタキタ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ