サイトマップ RSS

絶滅まで5頭 密猟・内戦の犠牲 キタシロサイ、米動物園で1頭死ぬ (1/3ページ)

2014.12.17 00:00

米カリフォルニア州サンディエゴ

米カリフォルニア州サンディエゴ【拡大】

 世界中にたった6頭しか生存していなかった絶滅危惧種のキタシロサイの1頭が死んだ。米カリフォルニア州サンディエゴ動物園で飼育されていた推定年齢44歳のオスの「アンガリフ」で、高齢による自然死とみられる。アフリカに生息するシロサイはアフリカゾウに次ぎ地上で2番目に大きな哺乳類で、キタとミナミの2種がいる。サイの角は中国で漢方薬の材料として珍重され、密猟が横行。キタシロサイは生息地域での紛争多発で保護活動が頓挫し、すでに野生種は絶滅した。種の保存のための人工授精も失敗が相次いでおり、このままでは残された5頭の寿命とともに滅ぶしかないとの危機感が高まっている。

 44歳、高齢で

 「動物園で愛されたアンガリフの死によって、この素晴らしい種は絶滅に一歩近づいた。われわれにとってあまりにも大きな損失だ」

 AP通信などによると、サンディエゴ動物園の学芸員、ランディ・リーチェス氏は声明を出し、その死を悼んだ。

 14日に死んだアンガリフは1980年代後半に北アフリカのスーダンから輸入された。検視結果は出ていないが、50歳程度とされるキタシロサイの寿命に近い。

人工授精も失敗

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ