サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】「悪い自衛隊」が貢献したカンボジアの橋 (4/6ページ)

2015.4.13 06:00

 憲法前文に反し《自国のことのみに専念》する「反動」勢力の妨害をよそに、UNTACを起点に、カンボジアは紆余曲折を経ながら、ゆっくりではあるが国家の形を整えていく。平和を取り戻したカンボジアは前半の十数年が破壊されたインフラの復旧、後半の十数年はインフラ建設に費やす。橋完成でバンコク-プノンペン-ベトナム最大のホーチミン市を結ぶ900キロが一本の道で連接。東南アジアの物流活性化は確実になった。UNTACは限界・失敗も残したが、UNTACのまいたタネがなければ、橋の完成はもっと後だったろう。

 海外での虐殺に目をつぶり、国際に背を向ける偏向メディアや左翼の独善は自衛隊のカンボジア派遣時代と、根っこにおいて今も変わりない。自衛隊創設以来、前身組織も含めると65年もの間“暴力装置”といちずに信じ?ストーカー行為をライフワークとする暗さは不気味でさえある。アンポ/憲法/“従軍慰安婦”/夫婦別姓/原子力発電…、利用できる要素には何でも食い付き、国益を損なう方向に国民を誘導し続けた。

軍と文民が平和の両輪

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ