【CAのここだけの話♪】CAが教える! 空港や機内の免税品をさらに“お得”に買うコツ (1/4ページ)

  • オランダ系航空会社の日本人CAとして乗務7年目の岡本あやのさん。CAを続けながら、東京の離島・神津島でB&Bを経営する「旅する女将」としても奮闘中(岡本あやのさん提供)
  • オランダ系航空会社で乗務する岡本あやのさん。写真はお気に入りのカフェから撮影した首都アムステルダムの風景(岡本あやのさん提供)
  • イランのシーラーズにある「ローズモスク」(岡本あやのさん提供)
  • トルコのカッパドギア(岡本あやのさん提供)
  • ペルーが誇る絶景マチュピチュ(岡本あやのさん提供)
  • 壮麗な建物が立つハンガリーのブダペスト(岡本あやのさん提供)
  • 古い町並みで有名なベトナムのホイアン。夜は無数のランタンに灯りがともる(岡本あやのさん提供)
  • 岡本あやのさんがCAを続けながら営む東京・神津島のB&B「みんなの別荘ファミリア」(岡本あやのさん提供)


 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけの話」。第41回はオランダ系航空会社の日本人CAとして乗務7年目の岡本あやのがお送りします。

 待ちに待った海外旅行! 海外出張! チェックインも済ませ、出国審査を出た後は、搭乗時刻まで制限エリアをぶらぶら…。と、そこにあるのが「免税店」です。みなさんは免税品、よく買いますか? そして機内免税品は買ったことありますか?

 今回は、これまであまり気にしていなかったかもしれない…という方にも、免税店をお得に利用できる情報をお伝えします!

免税店には何があるの?

 言ってしまえば、何でもあります! 免税という点でお得に買えるものだと、お酒、タバコ、ブランド品、化粧品(特に外国ブランド)などが挙げられます。その他にもお土産品や電化製品など様々な物が並んでいます。

 ハブになっているような大きな空港では免税店も大きく、取り扱う品数も多いので、時間潰しにぶらぶら歩くにはもってこいです。ただし、夢中になりすぎて飛行機に遅れないように!

免税品お得情報(1)ブランド品はセット売りが狙い目

 免税品で特に注目していただきたいのが海外ブランドの化粧品です。中でも、デパートなどではあまりないセット販売品がお得です。

 例えば、女子の定番「ロクシタン」のハンドクリーム(30ミリリットル)は、日本の街中のショップで買うと1本1512円、3本セットでも4104円。ところが、成田空港の免税店では6本セットで6200円です(価格はいずれも2018年11月現在)。 「JAL DUTYFREE免税品事前予約サイト」に掲載の国内価格は9072円ですので、まとめ買いでかなりお得になりますね!

 さらに個包装されているので、プレゼントやお土産にもぴったりです。

 普段はコスメ売り場には立ち入りにくい男性のみなさまも免税店なら入りやすいですし、彼女や職場の女性にもきっと喜ばれる品をお得にゲットできるのではないでしょうか。

マイルカードで割引