フィリピン政府の不正根絶政策評価 国民の35%が「減少した」 (1/2ページ)

2013.9.11 10:00

 フィリピン政府は、国内に官僚の不正が依然として根強く残っているものの、不正根絶に向けたアキノ大統領の取り組みを評価する国民が増えているとの見解を表明した。現地紙インクワイアラーが報じた。

 フィリピン大統領報道官のエドウィン・ラシエルダ氏は記者団に対し、「政府関係者の間で依然として不正行為が行われていることは認識している」と語った。さらに、汚職を監視する非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(TI)が発表した今年の報告書について言及し、国民10人のうち3人が不正行為の減少について理解しているとの見解を示した。

 TIの報告書は107カ国の11万4000人を対象に調査した。これによると、フィリピン人回答者の35%が過去2年間で不正行為は「減少した」と回答。一方、アキノ政権下で不正行為が「増加した」と回答した人の割合は19%だった。

「アキノ政権下で不正行為は減少しているとの見方が広まっている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。