インドネシア、繊維業が首都脱出模索 最低賃金上昇で人件費増大 (1/2ページ)

2013.10.1 05:00

 インドネシアで最低賃金の上昇が続き、上昇ペースが速い首都ジャカルタから工場を移転させようという動きが出始めている。インドネシア繊維業者協会(API)によると、繊維業60社がジャカルタ撤退を模索しているもようだ。現地紙ジャカルタ・グローブなどが報じた。

 同国の首都ジャカルタの最低賃金は現在、月220万ルピア(約1万8700円)。同国の最低賃金は州ごとに年に1度改定されるが、ジャカルタ特別州の今年の上昇率は44%だった。労働組合側は来年も50%の賃上げを目指している。

 API幹部は賃上げが繊維業各社の人件費を増大させて経営を圧迫しているとし、協会所属の60社がジャカルタから同じジャワ島内の西ジャワ州や中央ジャワ州への工場移転を検討していると明かした。

 移転検討先の今年の最低賃金は西ジャワ州が月85万ルピア、中央ジャワ州が同83万ルピアでジャカルタの半分以下。2州はともにインフラが比較的整っており、輸送費や生活費もジャカルタより安いとされる。

ジャカルタにとどまるよりも中長期的には利益になるという

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!