低視聴率…韓流に負ける中国ドラマ 制作費拡大も利益薄く (1/3ページ)

2013.10.31 10:00

 中国のテレビドラマは近年、制作費が膨らむ一方で利益を上げる作品が少なくなっている。

 大ヒット作品を数多く編み出した劉和平氏が脚本を手掛けた近代革命ドラマ「北平無戦事」が、5年の歳月をかけて完成。総制作費は1億5000万元(約24億1950万円)に上るという。

 9月初旬に中国中央テレビ(CCTV)のゴールデンタイムに登場した「大秦帝国2之縦横」も、1億3000万元を投じている。

 1億元超の大作増加

 ドラマ制作会社の新規株式公開(IPO)申請が相次いだ2011年以降、大量の資金が流入して1億元を超える大作が相次いで制作されるようになった。著名監督と豪華な出演者にハイテク技術を駆使した作品ばかりだ。

 あるテレビ局のドラマ放映権購入担当者によれば、1話当たりの制作費100万元は一般的で、200万元を超えて初めて大作の部類に入るという。

 実際、中国4大古典をドラマ化した「西遊記」「三国志」「紅楼夢」「水滸伝」の最新版などは高視聴率をマークして高額の広告収入を得た。

広告収入も伸びず、原価が回収できないのだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。