多くの消費者、増税負担賄えず 還付上限額1人4000円、恩恵は限定的 (1/2ページ)

2015.9.16 06:16

 消費税率10%への引き上げに伴う負担軽減策で、財務省が提案している還付制度は、消費者への負担軽減効果に乏しいことが、民間調査の試算で明らかになった。還付額に4000円程度の上限を設ける財務省案に対し、試算では多くの消費者が上限額で増税負担を賄えない計算となり、制度の恩恵が限定的であることが浮き彫りになった。

 財務省案では、低所得世帯1人当たりの食料品購入額が年20万円程度であることを念頭に、その2%分に当たる4000円程度を還付額の上限に設定することで検討されている。高所得世帯への恩恵を限定し、対象品目を「酒類を除く飲食料品」と幅広くしても税収の目減りを防げるとしている。

 だが、世帯単位でみた場合、多くの世帯が対象品目の増税負担を解消できない仕組みとなっている。

SMBC日興証券の試算では、夫婦に子供2人の標準的な…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。