クリスマス用品は薄利多売 世界最大の集積地・浙江省義烏市 (1/2ページ)

2015.9.28 05:00

浙江省義烏市の義烏国際商貿城でクリスマス用品を選ぶ外国からのバイヤー(中国新聞社)

浙江省義烏市の義烏国際商貿城でクリスマス用品を選ぶ外国からのバイヤー(中国新聞社)【拡大】

 全世界のクリスマス用品の3分の2を生産し、“世界最大のクリスマス用品の集積地”と称される浙江省義烏市。現在は生産・販売のピークまっただ中で、同用品を扱う市内約800企業と雑貨問屋などが集まる義烏国際商貿城では、受注と商品発送に追われている。

 国際商貿城で店を構える黄さんによると、自営している工場ではすでに稼働時間を延長して生産を行っている。今年は受注数が多く、早くも5月の時点でサンプルを見に来る大口顧客もいたという。

 だが人件費や原材料費の上昇で、受注が増えても利益は少ない。販売量が大きいのはクリスマスツリーやサンタ帽、オーナメントボールなど付加価値の低い製品。価格が安く、コスト増で利益が限界まで下がっているものばかりだ。

 黄さんは「新製品の開発に望みを託すほかない」と語る。従来製品の利益は5%にも満たないが、新製品の利益は最大で約20%にも上るからだ。

 同業者の虞巧芳さんは今年、サンタクロースが煙突を通ってプレゼントを届ける場面を模した新商品を開発。近年はこうした個性的でアイデアにあふれた製品がバイヤーの注目を集めているという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。