【アセアニア経済】シンガポール、金融拠点強化 欧州尻目にフィンテック本腰 (3/3ページ)

2016.11.28 05:00

シンガポールで開催されたフィンテック展示会で、自社技術を説明する日本企業担当者=17日(吉村英輝撮影)
シンガポールで開催されたフィンテック展示会で、自社技術を説明する日本企業担当者=17日(吉村英輝撮影)【拡大】

 ◆導入推進へ法整備

 MASは昨年8月、フィンテック専門の部署を設置し、既存金融機関がフィンテック導入を推進できるよう法整備も進めている。今月16日には、企業が当局の規制の下でフィンテック関連の実験を行う「レギュラトリー・サンドボックス(規則下での砂遊び場)」の最終ガイドラインを公表した。

 金融機関などは一定期間、顧客情報の保護やマネーロンダリング(資金洗浄)の防止といったルールを守りながら、ITを駆使した新サービスを実験的に導入できる。MASは実験結果報告を今後の規制に生かす方針だ。

 また、MASは同日、三菱東京UFJ銀行など、同国に拠点を置く内外の銀行8行、シンガポール取引所(SGX)と協力し、仮想通貨の取引に使われる技術「ブロックチェーン」を応用した銀行間の国際送金や決済に関する実証実験を行うことも発表した。実用化されれば、コストや時間の削減につながる。

 ジェトロの支援で、サイバー・セキュリティー事業を紹介した、カウリス(東京都千代田区)の森下将宏氏は、現地のアドバイザーから受けた研修などで「分かりやすいプレゼンができた」と評価。フィンテックに特化した展示会は世界でも珍しいとして、「参加者にはこの分野に精通した経営者も多く、具体的な商談に直結する話もいただけた」と、手応えを語る。

 ジェトロは今回の参加企業に、海外拠点開設などの支援を継続していくとしている。(シンガポール 吉村英輝)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。