【高論卓説】来年の日米両政権の展望 流される安倍氏、意地を通すトランプ氏 (2/3ページ)

2016.12.14 05:00

 今回の改正では、壁を残すばかりか、壁の「位置」引き上げに伴う減収分回収に向け、高所得者(年収約1100万~1200万円程度から)への配偶者控除を撤廃するという。子育て世帯・世代に何の配慮もなく、年収だけを勘案して控除をなくすという信じ難い結論だ。各所に配慮しすぎて、決めている当人たちも、わけが分からなくなっているのではないか。

 一方、トランプ次期政権だが、ビジネスライクに各国・各企業と直接交渉をして、有利な条件で個別ディールをまとめることを志向している。内定した閣僚人事などを見るに今後、特に対中強硬策が次々に出てくるだろうが、中国のみならず、メキシコ、イランなどは当然として、ロシアやわが国とも、さまざまな交渉をするであろう。

 戦略的に「他人(他国)のせい」にして、不満の鬱積する中低所得層に火をつけてしまった同政権としては、個別ディールの途中で、引くに引けない状況、まさに「意地を通せば窮屈だ」となりかねない。

 ある研究者から聞いてなるほどと再認識したが、ロボットは性能が向上すればするほど、周囲の環境を変えずとも、自ら周囲の環境に適合させて、その本来の機能を発揮するのだとか。周りに振り回されて右往左往する上司も、自分に環境を合わせようとして怒鳴り散らす上司も駄目ですね、と続けておられた。

 来年は、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の本格化、フランス大統領選挙、オランダ、ドイツの連邦議会選挙など欧州各国で混乱が加速しそうだ。東アジアでも、混乱する韓国、5年に1度の党大会を控える中国で権力闘争が過熱しそうだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。